Search…
🎡
X2E プラットフォーム
私たちはすでに生活の中でカフェのフリークエンシー、コマースのポイントなど、2Eを経験しています。 WEB3方式のプラットフォームで、誰もが所得を提供できますし、その活動に参加できるようにする予定です。供給と需要のバランスが取れるエコシステムを作ろうと思います。
KPOP CtzenのプロジェクトはユーティリティとしてX2E(Everything To Earn)プラットフォームを揃えます。
このプラットフォームの最初の利用条件はKPOP CTzenプロジェクトのIP(ペルソナ)となります。 V1及びV2より始まる数多くのプロジェクトで、有機的な関係を形成します。又、特定のカテゴリーや流行りの2Eに閉じ込められず、様々な形でリワードの経済エコシステムを作っていきます。

X2Eモデルの例

L2E(Listen To Earn)、C2E(Create To Earn)、S2E(Social To Earn)を実現します。
L2E
C2E
S2E
2022年の下半期、KPOP CTzenプロジェクトで「L2Eラジオ」をリリースします。登録された音楽をストリーミングすれば、トークンが採掘できます。これは、ゲームをしなければならないP2Eや運動をしなければならないM2Eではなく、放置型の音楽ストリーミングサービスです。又、本人のチャンネルを開設したいアーティストや作曲家などの供給プールまで拡張ができるプラットフォームでもあります。
ペルソナの創作公募展のような活動が行われます。代表的な公募展として2022年5月に行われた聖水洞(ソウル、韓国)KPOPCTzen壁画モデル公募展とホルダーHoze(Hoze#1452)の肖像画イベント、今後行われるKPCTアイドル関連公募展があります。
NFTホルダーのコミュニティ(Social)より派生プロジェクトが行われる際に、そのプロジェクトで企画、アートワーク、運営管理などがあり得られます。その際に短期的なS2E、C2Eなどが細分化され発生します。また、プロジェクトの目的によってはB2E(Buy To Earn)やP2E(Play To Earn)が発生することもあり、その世界観の拡張により連結された場所で、また別のX2Eが発生することもあります。
Copy link