JAPANESE
Search…
⌃K
📥

STAKING GUIDE (JPN)

Part1. ページの構成

- STAKINGカテゴリー MY DIMENSIONプラットフォームにSTAKINGという新規カテゴリーがリリースされます。当該のカテゴリーを通じて総合的なSTAKINGの情報確認、Claim、STAKING契約ができます。
- 仮想通貨ウォレットに紐付け STAKINGに参加する為にはMY DIMENSIONプラットフォームに仮想通貨ウォレットを紐付けをする必要があります。イーサリウムのメインネットを使うため、MetaMaskウォレットをお勧めします。D’CENTはモバイルアプリ内のブラウザーで、LedgerはPCでご利用できます。正常に紐付けができた場合、上記の画像のように赤色のウォレットで表示されウォレットの情報を読み込みします。
- STAKING期間によるリワードの効率グラフ(Staking Reward Rate) STAKINGカテゴリーに入るとDimension Stakingという文字と共にグラフが確認できます。このグラフは機関によるSTAKINGリワードの効率を表すグラフであり、0から100パーセンテージまで30日間にわたって上昇します。リワード効率はリアルタイムでその累積に影響を与えます。STAKINGの効率は初期化の後、30日間を基準に分けられます。そのSTAKING期間は新規STAKINGが発生した場合とUNSTAKINGが発生した場合、そしてCLAIMが発生した場合に初期化されます。
- 半減期テーブル(Staking Reward Halving Rate Table) STAKINGで分配されるDimensionトークンは1年に25%ずつ半減されます。当該のテーブルにて詳細な数値が確認できます。
- STAKING TIME STAKINGタイムではリアルタイムでSTAKING期間が確認できます。改めてですが、STAKING期間は新規STAKINGが発生した場合とUNSTAKINGが発生した場合、そしてCLAIMが発生した場合に初期化されますので、ご注意ください。
- SET BONUS セットボーナスはKPOPCTzen NFTのV1とV2をセットでSTAKINGする際に得られるボーナスのHash Powerです。2セット以上は3%、6セット以上は5%、9セット以上は7%、12セット以上は9%が適用されます。セットボーナスは一番高いセットボーナスのパーセンテージが全体のHash Powerに適用されます。例えば、100個のSTAKINGグループには12セットのボーナスである9%が100個のHash Powerに適用されます。
- Total MHP TotalMHPは、ステーキングされたすべてのNFTグループのハッシュパワーの合計にセットボーナスが適用された数値を示しています。
- Total Claimed TotalClaimedは、これまでクレームされ、ウォレットに移されたディメンションの量を示します。
- Earn Earnは、これまで積み立てられたリワードに期間に応じたリワード効率が精算された数値を示しています。 以下の補助数値(At100%)では、100%リワード効率の場合の「積み立て」リワードが確認できます。 補助数値は30日まで表示されます。
- Balance 累積されたリワードを表示します。
- Reward Summary EarnとBalanceを加えた値を示します。 リアルタイムで実際に保持しているリワードの合計を表示します。
- CLAIMボタン CLAIMボタンを押すとリワードをウォレットに移すことができます。1日に100 Dimensionトークンから最大1万DimensionトークンまでCLAIMできます。CLAIMの際にはなるべく最大の数量が自動的に計算され行われます。
- SELECT NFT SELECT NFTでは、MY DIMENSIONプラットフォームにSTAKINGできるNFTが確認できます。トークン番号と画像、Hash Powerが確認できます。コレクション名のボタンをクリックするとそのNFTが表示されます。セットでSTAKINGができるKPCT V1とV2を含めPROLOGUE、MEMBERSHIP、BRO’S LOUNGEのNFTを選択し、STAKINGに進むことができます。
- STAKEボタン STAKINGするNFTを選択し、STAKEボタンを押すことでSTAKINGを行う事ができます。STAKINGが完了されるとSTAKING期間が初期化されます。
- CLEARボタン CLEARボタンはNFTの選択を初期化する際に使います。
- STAKING POOL STAKING POOLではSTAKINGされたグループの情報確認及びUNSTAKINGができます。
- UNSTAKE UNSTAKEボタンを押すと当該のSTAKINGを解除できます。UNSTAKINGが完了されるとSTAKING期間が初期化されます。

Part2.STAKINGの方法

- SELECT NFTにてSTAKINGするNFTを選択 SELECT NFTにてHash Powerを確認し、STAKINGするNFTを選択します。KPCT V1とV2の場合、セットSTAKINGが可能であり、V1とV2を一つずつ選択した後、STAKEボタンを押してSTAKINGを行います。セットではない1つのNFTのSTAKINGをご希望する場合、その1つのNFTのみ選択して行ってください。選択の初期化はCLEARボタンを押してください。
- コレクション当たり1回のアクセス許可が必要 STAKINGするNFTを選択した後、STAKEボタンを押すとSTAKINGが始まります。STAKINGを行う際に最初の1回だけアクセス承認が必要になります。例えば、最初にV1とV2をセットでSTAKINGする際に2つのコレクションがSTAKINGされることになるため、総2回のアクセス許可が発生します。その後のV1、V2ステーキングにはアクセス許可が必要ではありません。同様にPrologueやMEMBERSHIPなど、他のコレクションをSTAKINGする際には各コレクション事に最初1回のアクセス許可が必要になります。
- STAKING署名 STAKINGを行う際にはSTAKING契約の為に署名が必要です。正しく署名が完了されれば、STAKINGが完了されSTAKING POOLにてご確認できます。
- STAKINGされたNFTグループの情報確認 STAKING POOLにてSTAKINGされたNFTグループのイメージ、トークンID、Hash Powerが確認できます。STAKINGされたNFTはSELECT NFTの項目に表示されません。義務的なロックアップ期間がない為、いつでも自由にUNSTAKINGができます。UNSTAKINGの際にはトランザクション署名が発生します。

Part3.REWARD&CLAIM

- STAKING期間によるリワードの効率 STAKINGカテゴリーにて最初にご確認できる画面は期間によるSTAKINGの効率グラフです。STAKINGの効率はリワード累積に影響を与えます。0から100%で30日間にわたって上昇し、緑色の点線が右側に移動しながら現在の位置を表示します。STAKING、UNSTAKING、CLAIMの行為によるSTAKING期間が初期化されると緑色の点線も初期化されます。30日間になる前はその時点の総Hash Powerによるリワードの量を100%で計算し、STAKINGの効率のパーセンテージを適用した分が実際のリワードになります。30日間を超えた際にはリワードの効率が100%になるため、STAKINGして累積した全てのDimensionトークンをCLAIMできます。グラフの期間と効率は今後、追加的にアップデートがあるかもしれません。長期的にSTAKINGをしたホルダーがより良いリワードがもらえるように設計されました。
- セットボーナス(2セット=3%、6セット=5%、9セット=7%、12セット=9%) KPOP CTzenのV1とV2をセットでSTAKINGする場合、そのセットグループ数によるボーナスHash Powerがもらえます。STAKINGされたすべてのグループに2セット以上は3%、6セット以上は5%、9セット以上は7%、12セット以上は9%のHash Powerがボーナスで適用されます。セットボーナスの数値はTotal MHPに表示されます。
- 30日間の前の初期化:STAKING期間にたまった100%のリワード X リワードの効率 - 30日間の後の初期化:STAKING期間にたまった100%のリワード STAKING期間の初期化が発生するとその時点のリワードが計算及び累積され新規STAKINGが始まります。この際に30日を基準にして、初期化の発生によるリワードの清算方式が変わります。一般的なリワードの累積はTOTAL MHPとSTAKINGの期間によるSTAKINGの効率で影響が受けます。TOTAL MHPで累積されるDimensionトークンは1年に25%ずつ半減されます。その期間によるSTAKINGのリワード効率は0から100%まで30日間にかけてリアルタイムで上昇します。30日間になる前に初期化を行った場合は、STAKING期間でTOTAL MHPとして累積されるリワードの量を100%で計算し、初期化の行為が行った時点のSTAKINGリワード効率で計算し累積されます。30日後にSTAKING初期化の行為を行った場合は、TOTAL MHPの100%のリワードが実際に累積されます。
- STAKING期間の初期化ロジック STAKING期間スタート→TOTAL MHPによるリワード→STAKING期間によるリワードの効率を適用→STAKING期間による実際のリワードがたまる→新規STAKING、UNSTAKING、CLAIM行為→STAKING期間の終了→STAKING期間による実際のリワード計算&累積→新規STAKING期間スタート
- 最小CLAIMの数量は100$DMSであり、一日に最大1万$DMSのCLAIMが可能 溜まったリワードは仮想通貨ウォレットに転送ができます。CLAIMと呼び、一日でCLAIM可能な数量が決まっています。一日でCLAIMが可能な最小数量は100 Dimensionトークンで、最大数量は10,000 Dimensionトークンです。一日の基準は、STAKINGが初期化された時点から24時間です。STAKING期間は新規STAKING、UNSTAKING、CLAIMがあった場合、初期化されますので、ご注意ください。
- CLAIMの際にトランザクションの署名後に仮想通貨ウォレットに$DMSを支給 CLAIMにはトランザクションの署名が必要です。CLAIMの完了後に仮想通貨ウォレットにてDimensionトークンが確認できます。 (DimensionトークンのAddress:0x217f218fe9eB1Ef180FA4Dae75ebA6Bdf568084a)¥

Part4.Q&A