JAPANESE
Search…
⌃K
🎶

PERSONA

人生とその経験によってアイデンティティが形成されるように、KPOP CTzenのホルダーはNFTを保有していることを前提条件として、自分のNFTに本人が望むところのアイデンティティを 自由に付与することができます。
ホルダーは自分をNFTに投影したり、NFTイメージの特徴を活かしたり、全く新しい設定を作ることもできます。
つまり、社会的な問題を起こさない範囲でホルダーが思う方向で2次的な著作権が許されます。(著作権の内容は「KPOP CTzen NFT TERM SAND CONDITIONS OF USE」を参考してください) ホルダーによって派生するIPは、WEB2或いはWEB3のSNS世界だけで活用されるのではなく、KPOP CTzenのX2Eプラットフォームを通じて2E(To Earn)のエコシステムまで作っていくこともできます。
V1及びV2で作られる計17,776個のそれぞれ異なるホルダーの物語で、絶え間なく派生するペルソナは当該のプロジェクトの無限な拡張を可能にする重要な要素です。