Search…
📚
KPOP CTzen NFT TERMS AND CONDITIONS OF USE

第1条(目的)

本利用条件は、ロウンラボ(以下「会社」という。)が提供するKPOP CTzen PROJECTのためのKPOP CTzen NFT(以下「KPOP CTzen」という。)を発行したり、購入、保有、取引、利用するにあたって「会社」と利用者、購入または保有者(以下「利用者」という。)の利用条件その他の必要事項を規定することに目的があり、「KPOP CTzen」の利用者は「購入または保有直後」本利用条件の利用に利用することに同意したものとみなします。

第2条(定義)

  1. 1.
    「KPOP CTzen」はブロックチェーンネットワーク上に存在するデジタルアート作品で、KPOP CTzen PROJECTのための物です。
  2. 2.
    「KPOP CTzen」はNFT(Non-Fungible Token)の形態であり、「NFT」とはブロックチェーンネットワーク上に存在する代替不可能なトークンを意味します。
  3. 3.
    「デジタルアート作品」は、本利用条件を遵守することを前提に、利用者が保有するNFTに連携したデジタルイメージ、グラフィック、デザインなどのデジタル著作物を意味します。 さらに音楽、動画、書籍などが連携することもできるでしょう。
  4. 4.
    「2次著作物」は作品を変形·脚色·翻訳·編曲·映像制作その他の方法で作成した創作物を意味します。 ただし、作品の単純複製物、単純複製物の組み合わせまたは変形、実質的改変のない変形またはそれに準ずるものは創作性が加わらない以上、2次著作物に該当しません。

第3条(所有権)

  1. 1.
    「KPOP CTzen」はブロックチェーン基盤のNFTで、利用者がNFTを購入する際に利用者が購入したNFTは利用者が完全に所有することになります。 NFTの所有権移転は、全面的にブロックチェーンネットワーク上のスマートコントラクト(smart contract)を通じて行われ、「会社」は利用者の同意がない限り、いかなる場合でも利用者が保有する「KPOP CTzen」の所有権を差し押え、制限したり、または変更することはできません。
  2. 2.
    「会社」から付与される「NFT利用者の地位」は、利用条件を継続的に遵守しながらNFTを適法に保有している間にのみ認められ、「NFT利用者の地位」はその地位によって該当することを行使し、又は終結する時点まで該当NFTを保有している者にのみ認められることができます。 他人にNFTを移転した場合、NFTを譲渡した会員は「NFT利用者の地位」をこれ以上享受することができません。 また、「会社」が公式に支援する方式ではない方式または関連法令に違反する方式などでNFTを移転された者には「会社」から「NFT利用者の地位」が保障されない場合があり、これに対して「会社」はいかなる責任も負いません。

第4条(ライセンス)

  1. 1.
    利用者の個人的利用について、利用者が本利用条件を継続的に遵守することを前提に、「会社」は利用者が保有する「KPOP CTzen」に関連するデジタルアート作品及びそれに関連する利用者が創作したすべての2次著作物について、以下の目的のもと利用できる世界的な範囲の、別途の実施料のない非独占的ライセンスを付与します。 a) 個人的な、非商業的用途の使用 b) 利用者が保有している「KPOP CTzen」の購入と販売を許可する取引所での使用。ただし、その際、取引所は実際のNFT所有者のみが「KPOP CTzen」に関連した作品を掲載できるよう、各所有者の権利を暗号化した方式で検証しなければなりません。 c) 第三者のウェブサイト(アプリケーションを含む、以下同じ)で利用者が保有する「KPOP CTzen」を含めて使用したり、または参加を許可して第三者の当該ウェブサイト(アプリケーション)での一部として機能するようにする使用。ただし、当該ウェブサイト(アプリケーション)は、実際のNFT所有者のみが「KPOP CTzen」に関連する作品を掲載できるよう、各所有者の権利を暗号化した方式で検証しなければならず、「KPOP CTzen」の所有者がウェブサイト(アプリケーション)を脱退する際、作品が掲載されてはいけません。
  2. 2.
    利用者の二次著作物の商業的使用に関し、利用者が本利用条件を継続的に遵守することを前提に、「会社」は利用者に利用者が所有及び保有する「KPOP CTzen」のデジタル作品に対する「二次著作物」を作成して利用できる世界的な範囲の、別途の実施料がない非独占的ライセンス(以下「商業的使用」という。)を付与します。 このような商業的使用例としては、「2次著作物」を利用して独自のプロジェクトを進めたり、「2次著作物」を使用して商品(例:Tシャツ、グッズなど)を製作·販売したり、「2次著作物」の複製物を展示する場合などがあります。 ただし、利用者は商業的使用と関連して「会社」またはKPOP CTzen PROJECTの名誉を毀損する行為、「2次著作物」に該当しない水準の単純な複製物製作販売行為などはできません。 また、商業的使用については利用者が全面的な責任を負います。 a) 利用者が所有及び保有する「KPOP CTzen」のデジタル作品の"2次著作物"の通常の使用及び販売を許容する取引所を所有または運営する行為。ただし、取引所は実際にNFT所有者だけが「KPOP CTzen」に関連する作品を掲載できるよう、各所有者の権利を暗号化した方式で検証しなければなりません。 b) 利用者が所有及び保有する「KPOP CTzen」のデジタル作品の"2次著作物"の通常の挿入、利用又は参加を許容する第三者のウェブサイト(アプリケーション)を所有または運営する行為。ただし、第三者のウェブサイト(アプリケーション)は、実際のNFT所有者のみが「KPOP CTzen」に関連する作品を展示できるよう、各所有者の権利を暗号化した方式で検証しなければならず、「KPOP CTzen」の所有者がウェブサイト(アプリケーション)を脱退する際、「KPOP CTzen」に関連した作品はこれ以上掲載されてはいけません。 c) 上記項目のいずれかを通じて創出された収益またはこれに準ずる利益を得る行為。
  3. 3.
    上記規定にかかわらず、利用者は次の場合には「会社」の明示的な事前書面同意なしに利用者本人および第三者が次の行為をすることができないということに同意します。 以下の内容が確認される場合、利用者は本利用条件に従って利用者に付与された「KPOP CTzen」に対する利用権限または利用者の地位を失う可能性があります。 以下の内容は必ず処罰対象になるべきか、不法性確認を要件としません a) 「KPOP CTzen」やデジタルアート作品(または「2次著作物」と拡張された結果物を含む、以下同じ)を(i)憎悪、不寛容、暴力、残忍性、または誹謗性発言など他人の権利を侵害するものとみなされうる一切のもの、(ii)麻薬(処方医薬品および一般医薬品と関係ない)、その他の薬物、死、ポルノグラフィー、成人物または露骨な性的行為、マッサージ店、性売買、デートまたはエスコート行為、武器または弾薬、(ii)人種、国籍、アイデンティティ、性別、宗教、性別、精神的、性別、性別、性格、 はじめとする財産権の侵害、())不法活動への参加、促進または奨励に関するテキスト、画像、映像またはその他の如何なるメディアに関連して使用する行為。 b) その他「会社」またはKPOP CTzen PROJECTと競争できる製品またはサービスを作ることを含め、如何なる方法で「会社」が進める事業を妨害したり、「会社」の名誉や信用を傷つける一切の使用行為。
  4. 4.
    利用者は「会社」またはKPOP CTzen PROJECTなどに対して名誉毀損の目的、NFT取引目的などいかなる目的のためにも虚偽事実、根拠のないデマ(rumor)拡散や非難をしてはならず、「会社」で明示していない日程を強要してはなりません。 「会社」は、当該利用者に対してその責任を問うことができます。
  5. 5.
    利用者が所有及び保有するデジタルアート作品に対して上記許容された権利の他に、利用者は「会社」で発行した「KPOP CTzen PROJECT、KPCT、ROWOON LABSその他の「会社」が発行する他のNFT、メタバース空間、支払手段及び各商標権と知的財産権に対してはいかなる権利も制限なく付与されません。 上記の各商標権と知的財産権に関する権利は、全面的に「会社」に帰属し、「会社」に明示的に留保されています。
  6. 6.
    本利用条件により、「会社」のKPOP CTzen PROJECTの一環として進められる事業のため、一定期間、「会社」は利用者の「KPOP CTzen」を預け、委託、ステーキング(staking)その他の如何なる技術的方法等で「会社」に保管、又は取引を禁止させることができ、利用者が同意しない場合、または利用者の同意を得られない場合には、「会社」は当該事業において当該利用者のNFT使用を拒絶することができます。
  7. 7.
    本利用条件に従って利用者が保有する一切の権利と地位は、利用者が「KPOP CTzen」を所有·保有している間のみ行使が可能です。 利用者が「KPOP CTzen」に対する売買、移転、贈与その他一切の処分行為により所有権を喪失した場合、利用者は本利用条件による権利または地位一切を行使できず、あなたが創作した2次著作物の利用もできません。 このような利用者の権利または地位は所有権を喪失した時点から直ちに適用され失われます。 利用者の権利または地位を継承された者にとって利用者の権利は遡及適用されません。 もし利用者が第三者に「KPOP CTzen」を処分する行為以外に、二次著作物の商業的権利を連携して処分しても、第三者に対する関係で利用者が全面的な責任を負い、「会社」はいかなる責任も負いません。

第5条(危険負担)

利用者は、次の項目について同意し、認定します。
  1. 1.
    利用者の「KPOP CTzen」の販売と関連して、NFTの価格変動は極度に激しく、他のNFTの価格変動に肯定的な影響と否定的な影響の両方を受けるという点に留意してください。 "KPOP CTzen"の購入及び取引に関するすべてのリスクは利用者が甘受します。 したがって、激しい変動性を考慮して、"KPOP CTzen"のようなNFTの購入は投資として考慮されてはなりません。 「KPOP CTzen」は資本市場法と金融投資業に関する法律上、証券および金融投資商品には該当しません。 NFTの価値上昇はもちろんのこと、下落にも「会社」は免責されます。 「会社」または誰もNFTの価値を保障してくれません。 「KPOP CTzen」の価格変動により損失が発生しても、「会社」は損失を補償せず、その損失は全て本人に帰属することを必ず肝に銘じなければなりません。
  2. 2.
    「KPOP CTzen」の所有権は、デジタルアート作品に関連するNFTの所有権を意味します。 したがって、本ウェブサイト(または本ウェブサイトで言及されたすべての文書)に記載されたいかなる情報も投資目的の契約を締結するための助言または提案とはみなされません。 また、本ウェブサイトのいかなる内容も司法管轄を問わず、株式、証券またはその他の金融投資商品に対する購入の申込みとはみなされません。 「会社」はプロジェクトのために努力し、KPOP CTzen PROJECTのためにその内容は拘束力が与えられず、状況によって会社の裁量事項に変更されて実行することができます。 新しいプロジェクトの実行、追加的な特典、サービスの提供などは「会社」の裁量事項であるため、利用者はいかなる名目であれ「会社」に新しいプロジェクトまたはサービスの提供を要求したり、追加の特典を強要することはできません。 また、本プロジェクトの芸術的特徴により、"会社"はいかなる司法管轄の規制機関に登録されたり承認されていません。 したがって、利用者が購入および保有している「KPOP CTzen」およびデジタルアート作品と利用、2次著作物の使用が利用者が居住または使用する司法管轄の法令遵守可否を確認することは全面的に利用者の責任です。
  3. 3.
    利用者はハードウェア、ソフトウェア、インターネット接続に関連する危険、悪性ソフトウェア流入に対する危険、第三者が利用者の電子ウォレットに保存された暗号または情報に無断でアクセスできる危険を含め、すべての危険を甘受します。 そのリスクは、例示に限らず、インターネット基盤の通貨(デジタル資産を含む)使用に関連するすべてのリスクを甘受します。
  4. 4.
    NFT、デジタル資産、ブロックチェーン技術は比較的新しいもので、これに対する規制が不明です。 新しい規制はブロックチェーン技術に影響を及ぼす可能性があり、その影響が否定的なものである可能性があります。 これは利用者の「KPOP CTzen」の価値に否定的な影響を及ぼす可能性があります。 利用者はこれを理解し、すべての危険を甘受します。
  5. 5.
    利用者は、ブロックチェーンネットワークまたはブロックチェーンプラットフォームの中断·変更、支援される方式のNFT取引所に関するプラットフォームの中断·変更または各これらに影響を及ぼすその他の問題による影響または否定的影響に対するすべての責任を甘受します。
  6. 6.
    NFTの取引はすべてブロックチェーン上で行われます。 したがって、利用者は本人の個人ウォレット(ウォレットのプライベート鍵など)に対するセキュリティと管理、そして本ウェブサイトで生成されるすべてのトランザクションおよび取引に対して承認前の検証に対する全面的なリスクと責任を負います。 また、KPOP CTzen PROJECTに関するスマートコントラクトはブロックチェーンネットワークで実行されるため、取引をキャンセルしたり、戻したり、復元することはできません。
  7. 7.
    利用者はNFTのデジタルアート作品及びそれと関連したデジタル作品の保存、保管について全面的に保管及び管理責任を負担し、このような利用者のデジタル作品の保存及び保管、管理責任については「会社」は責任を負いません。
  8. 8.
    利用者のNFT及びそれと関連したデジタルアート作品("2次著作物"を含む)、それに関連する商品に関して知的財産権紛争を含む紛争が発生した場合、"会社"は利用者の当該NFTに対する取引支援を終了することができ、利用者の地位を認めないことがあります。
  9. 9.
    KPOP CTzen PROJECTと連携したNFTが発行される場合、特別なお知らせがない限り、本利用条件が同様に適用されます。
  10. 10.
    KPOP CTzen PROJECTと関連し、今後進められるメタバース空間(仮称METALAND)、支払い手段(トークン)などは、これを主管する協力会社THE MARSの指針に従って行われます。

第6条(利用条件の変更)

  1. 1.
    「会社」は「会社」の裁量で本利用条件を変更することができます。 本利用条件はウェブサイトで継続的にアップデートされる予定ですので、利用者は本利用条件に変更があるか周期的に確認してください。 「会社」は別途の会員登録手続きを設けておらず、利用者の個人情報も収集していないため、利用者に別途の通知ができません
  2. 2.
    利用者は、「KPOP CTzen」を購入または保有すると同時に、本利用条件に同意したものとみなします。 利用者は、本利用条件に変更事項があるか周期的に確認しなければならず、利用条件の変更事項が発生および公示されたにもかかわらず、利用者が「KPOP CTzen」を継続保有する場合、利用者は変更された利用条件を受諾したものとみなし、変更された利用条件に従います。 利用者が変更された利用条件に同意しない場合、利用者の権利または地位が付与されない場合があり、本ウェブサイトに接続または使用できません。

第7条(裁判権及び準拠法)

本利用条件(利用者のウェブサイト接続および使用、NFTの取引および利用、またはウェブサイトを通じて販売または流通した製品を含みますが、これに限らない)は大韓民国の法律により規律され、他の言語に翻訳または並行表記されても大韓民国の国文解釈が優先されます。 "会社"と利用者の間で発生した紛争は、ソウル中央地方裁判所を第1審の専属的合意管轄として解決します。
​
本書類は法務法人シングァンに所属しているキム·ナムヒョン弁護士の諮問を受けて作成されました。
Last modified 1mo ago
Copy link
On this page
第1条(目的)
第2条(定義)
第3条(所有権)
第4条(ライセンス)
第5条(危険負担)
第6条(利用条件の変更)
第7条(裁判権及び準拠法)