Search…
📻
KPCT RADIO DAPP (L2E)

Listen To Earn

衣食住のような人に必須的な要素以外に、音楽をはじめとするエンターテインメント要素は私たちの人生に重要なところを占めています。又、生活の中で音楽を聴くことは私たちの固定的な出費の一つとして定着しています。しかし、WEB3のエコシステムでは、音楽を聴く(ストリーミング)行為に出費だけでなく、そのリワードも発生します。 当社ロウンラボが開発しているKPCT RADIO DAPPは、音楽の選択とその再生時間に対してトークンを採掘します。このDappは、ゲームをしないといけないP2Eや、実際に移動をする必要があるM2Eのような行為に対するリワードではなく、ストリーミング時間という放置型システムを使います。KPOP RADIO DAPPは、ユーザーが参加できる難易度を下げる方法として会員数とトラフィックを確保するTo Earnサービスとしてリリースします。

Concept

KPCT RADIO DAPPのユーザーは、自分のラジオをカスタマイズできます。素敵なラジオが欲しいユーザーはスキンとテーマを変えて、高性能のラジオが欲しいユーザーは様々な音楽チャンネルを追加することができます。又、トークンの採掘に必要な時間を短縮させる事もできます。このようなカスタマイズは、L2Eの効率を高めるトークンの焼却モデルとしてトークノミックスの循環システムに使われます。 KPCT RADIO DAPPはリアルタイムで連動するチャットと紹介システムを通じて固有のコミュニティを形成します。ユーザーは自分が好きな音楽チャンネルについて話しながら自然にファンのグループを形成し、これはコンテンツの供給者(演奏家、作曲家、ボーカルなどの音楽アーティスト)の参加の拡大にも繋がります。今後、コンテンツの供給者本人のストリーミングチャンネルも開設できるようにサポートしてKPOP CTzenだけの音楽ではなく、様々なアーティストに会えるようにします。コンテンツの供給者とリスナーにはKPCT RADIO DAPPがWEB3の公演会場になると思います。 KPCT RADIO DAPPは、ただ音楽を聴くことではなく、コンテンツの供給者とリスナーのコミュニケーションが自由にできるWEB3の音楽ストリーミングのプラットフォームを目指しています。 KPCT RADIO DAPPのスキンとテーマのデザインは、レトロフューチャリズム(Retro futurism)の中でIBM Personal Computerが大衆化した1980年代を背景に未来を描くカセットフューチャリズム(Cassette futurism)ジャンルを選んでいます。WEB1が登場した時代を背景に、WEB2とWEB3を合わせた未来志向的なコンセプトのカセットフューチャリズム(Cassette futurism)です。これは、ユーザーの参加とブロックチェーンを通じた価値を創出するという過去と未来の要素で作られたDAPPのアイデンティティを示します。

Tokenomics

トークノミックスに関する内容は後日アップロードされます。
Copy link
On this page
Listen To Earn
Concept
Tokenomics