Search…
🎤
IDOL MAKING (C2E)
KPOP CTzenプロジェクトは、ホルダーと共にKPOP CTzen IDOLをMakingし、メタバースに進出します。KPOP CTzen IDOLは、X2Eプラットフォームを全世界に広げるKPOP Ctzenプロジェクトの顔になります。
Create To Earn
DIGITAL TWIN
PROFIT SHARING
CTzen LAND
C2EはWEB3の中で最も一般的な2Eモデルです。何かを作りそれに対するリワードをもらうことです。絵、音楽、映像など専門的な技術が必要な分野がNFT市場の一般的なC2Eモデルだとしたら、KPOP CTzenは「作文」という馴染みのあるジャンルでホルダーが参加する為のハードルを下げました。
これは、ペルソナーという概念を活用して文書を書く事であり、KPCT、 協業パートナー、Holder's Projectなどを通じて様々な公募展が開かれます。 その中でIDOL MAKINGはKPOP CTzenプロジェクトの最終のロードマップになります。
IDOL MAKINGのペルソナ公募展に参加したホルダーは、自分のKPCT NFTを活用して(V1、V2を含む)KPOP CTzen IDOLの各メンバーの物語を作ることになります。そのルールは、各メンバー固有の最小限のコンセプトを維持することで、KPCTホルダーの投票と運営スタッフの審査で選ばれます。選ばれたペルソナは、様々な分野の専門家たちと協力して実際にデビューするアイドルグループの世界観とIPとして作られます。整えられます。
KPOP CTzenプロジェクトは関係会社と共に2022年の末から2023年上半期を向けにアイドルグループのデビューの準備を行っています。
KPOP CTzen IDOLは、ペルソナ公募展の選ばれたペルソナに基づいてMETA KPOP CTzen IDOLとして生まれ変わり、3Dアバターで再現されます。 このアバターはTHE MARSでリリースされるメタバースプラットフォームで活動を始めます。
META KPOP CTzen IDOLは時間と空間を超えたメタバースにて世界中を舞台に公演を行うことができます。その公演は、現実のKPOP CTzen IDOLが直接モーションキャプチャーを行ったり、プログラミングされている脚本によって行うこともあります。
世界最大の会場であるイギリスのウェンブリースタジアムの最大観客数が9万人である事に対し、2020年に行われたフォートナイトでの「トラビスカート」公演は2,770万人が観覧し、計2,000万ドルの収益を記録したことがあります。このように時間と空間を超えるメタバースの市場は逆らえない流れです。
KPOP CTzenホルダーとKPOPファンが一緒に作り出すペルソナの世界観の設定でトレンドをリードし、メタバース世界での公演でグローバルのファンを確保します
IDOL MAKINGにおける「収益」とは、「IDOLの最初の活動期間中に発生したBEP(損益分岐点)を達成した以降の収益」のことです。
KPOP CTzen IDOLの最初の活動期間中に収益が発生しない場合、その後の活動はKPOP CTzenのIDOL MAKINGプロジェクトの投資以外に追加の投資が必要になります。この場合、KPCT V1ミンティング時のロードマップとは別に、当該IDOLと契約している企画会社の単独ビジネスで行われます。
活動収益
ペルソナのKPCTホルダー:10%
IDOL MAKING(公募展V1、V2を問わず公募)に選ばれたペルソナのKPCTホルダーは、KPOP CTzen IDOLの活動期間中に当該のKPCT NFTを当社に委託して使用権利を提供する必要があります。この際にペルソナのKPCTホルダーn名には、KPOP CTzen IDOLの活動中の収益の10%をn分割して分配されます。又、最初の活動終了後にはロックアップが解除され、再び2回目の取引が可能になります。
一般のKPCTホルダー:20%
ペルソナのKPCTではない一般のKPCTホルダー(V1、V2とも該当/V2はV1保有者に限り1:1エアドロップされました-エアドロップされたV2の持分を販売するのは当該V1保有者の個人選択です)も活動収益が分配されます。KPOP CTzen IDOLの活動収益の20%がKPCT持分比率によって分配されます。この際にペルソナKPCTホルダーは重複で収益を受けることはできません。KPOP CTzen IDOL活動の収益分配比率はNFTのレアリティ(V1、V2)と関係がありません。
IPビジネスの販売収益
ペルソナのKPCT保有者と一般のKPCT保有者が同様に持分比率によって収益が分配され、レアリティによる差などはありません。IPビジネスのカテゴリと分配率は、KPOP CTzen IDOLが活動する際にアップデートされます。
デジタルツインで拡張されたMETA KPOP CTzen IDOLは、様々なメタバースの空間で活動する予定です。その空間を私たちはKPOP CTzen LANDと名付け、最初の対象になる場所としてTHE MARSのメタバースプロジェクトのコロニーに定着することになります。
KPOP CTzen LANDはMETA KPOP CTzen IDOLの主な活動舞台となり、公演会場、ファンミーティングホール、グッズ販売店、そして協業パートナーの会社などが存在するメタバースになります。 全世界の人々が時間と空間の制約がないメタバースの世界でMETA KPOP CTzen IDOLに出会うことができます。低価格のチケットが長所でもあるメタバースのコンサートはグローバルのファンの距離を縮めて、より多くのファンの流入を導きます。
THE MARSのKPOP CTzen LANDは約100個程度の土地でランドが構成されていて、KPOP CTzenプロジェクトの協業パートナー及びKPCTホルダーは初購入のチャンスを得ることができます。KPOP CTzen LANDの基本的な構成は、THE MARSコロニーの基本的な構成と同様で、各土地にある建物にアバターが入ると外部の大きさと異なる個別の内部サイズを持つことになります。 ※この内容は「THE MARSのメタバースプロジェクト」の内容であり、THE MARSのロードマップの内容によって変更される可能性があります。
Copy link